仙台の矯正歯科 オリーブ矯正歯科室 鈴木歯科医院 【公式】

マウスピース型矯正装置
「インビザライン」とは

目立ちにくく、取り外しが可能です

マウスピース型矯正装置「インビザライン」は、アメリカ生まれの矯正治療システムです。
一人ひとりの歯並びに合わせた取り外し可能なマウスピース型の矯正装置を設計・作製し、治療の段階ごとにつけ替えていくことで、少しずつ歯並びを改善していきます。
一部の歯並びを整える部分矯正から、全体の歯並びを改善する矯正まで対応可能です。
専用のスキャナでお口の型取りを行い、採取したデータをもとに、矯正終了後に歯並びがどう変わるのか、3Dのシミュレーション画像で事前に確かめられます。

POINT

この様な方におススメです

・矯正装置が目立ちにくい

・歯磨きがしやすい

・装置の取り外しが可能で、お口のトラブルが少ない

・金属アレルギーの心配がない

マウスピース型矯正装置「インビザライン」について

「透明なマウスピース型矯正装置による矯正治療なので、
目立ちにくく、取り外しが可能です

従来の金属製装置やワイヤーを使った矯正治療は、矯正装置が取り外せず、食事が取りにくい上に、歯磨きがしづらいというデメリットがありました。
しかし、マウスピース型矯正装置なら患者さま自身で自由に取り外し可能なので、外してこれまで通りの食事を楽しんでいただけます。
歯磨きの際も同様に支障がないため、虫歯のリスクを低減できます。
大事な会議やスポーツの際に外せば、集中力を発揮しやすいこともメリットです。
実際に治療を始められた患者さまは、矯正装置が取り外せることの利点を実感されている方が多くいらっしゃいます。

ひとつのマウスピース型矯正装置で動かすことのできる歯の移動量は、0.25mmです。マウスピース型矯正装置は薄く作られ、お口の中での違和感が少なく、矯正装置が頬の粘膜や舌に擦れて痛んだり、口内炎ができるといった心配も少なくて済みます。

さらに、ワイヤーを使った一般的な矯正治療は1か月に1回程度の通院が必要ですが、マウスピース型矯正装置による矯正ならもっと少ない通院で治療の継続が可能です。

当院では、マウスピース矯正から
ワイヤー矯正への切り替えも可能

万一、患者様がマウスピース矯正からワイヤー矯正治療に切り替えたくなった場合、当院ではワイヤー矯正への切り替えができます。
*費用は別途かかります。

メリット・デメリット

メリット

・矯正装置が目立ちにくい

・歯磨きがしやすい

・装置の取り外しが可能で、お口のトラブルが少ない

・金属アレルギーの心配がない

デメリット

・歯並びの状態によっては、マウスピース型矯正装置では治療できないケースがあります

*当院では、抜歯ケースはマウスピース矯正対象外です

費用

マウスピース型矯正装置による全体矯正「インビザライン」

インビザライン

580,000円(税込価格638,000円)

治療の流れ

STEP.1 相談

十分な時間をとり、患者さんにあった治療内容の説明をさせていただきます。

費用は1,100円(税込)です。

STEP.2 精密検査・診断

治療をする上で必要な歯型や口腔内写真等をとらせていただきます。
それをもとに治療計画を立てます。そして、詳しい治療方法や治療期間の目安、 費用などを患者さんご本人、保護者の方に説明し、合意の上で治療が始まります。

費用
検査料35,200円(税込)

診断料5,500円(税込)

STEP.3 治療開始

治療プランに沿ってマウスピースを装着し、歯を動かし始めます。

インビザライン

580,000円(税込価格638,000円)
処置料5,500円/通院毎

*インビザラインのパッケージプランにについては当院指定のものになります。

*基本施術料(基本料金)は選ばれた装置により料金が異なります。

STEP.4 リテーナーの装着

矯正終了後、あと戻りを防ぐために、歯を現在ある場所にとどめておく装置(消耗品)です。
保定装置は当院指定の物に限り初回作製無料です。
(小児矯正を除く) 

*処置料は別途かかります。 
治療後は定期的に口腔内チェックを受けましょう。